トイツ王国の王子こと土田浩翔プロが面白すぎる

プロ雀士の土田浩翔さんがめちゃくちゃおもしろいのでエピソードをまとめました。

愛されるべき土田プロの麻雀

まずはこれを見てください。

三元牌は親戚と言ってしまう謎思考。

この動画を見て土田ファンにならない人なんかいない(断言)

オーラス4着、ツモリスーアンのロンアガリをスルーしてのツモアガリからの逆転トップというすんごい展開です。

土田システムと言われるトイツ理論

土田プロの理論はいろいろあるのですが、例えば筋トイツはツモれるという理論があります。

どういうことかと言うと、手牌にf:id:yonesuke-mahjong:20171006182425g:plainf:id:yonesuke-mahjong:20171006182425g:plainとあればf:id:yonesuke-mahjong:20171006182548g:plainをトイツにしやすいということです。これでチートイツをテンパイした場合、f:id:yonesuke-mahjong:20171006182548g:plainf:id:yonesuke-mahjong:20171006184334g:plainのどちらで待ちます?普通は外側のf:id:yonesuke-mahjong:20171006184334g:plain待ちをすると思いますが、土田システムではf:id:yonesuke-mahjong:20171006184334g:plainf:id:yonesuke-mahjong:20171006182425g:plainから遠いスジなので来ません。言い切ります。ド真ん中で待つ選択をします。

オカルトじゃん?と思うでしょ?おもしろいことに完全にオカルトなんですよ。

実際にド真ん中のf:id:yonesuke-mahjong:20171006182548g:plain待ちを一発ツモして、解説を混乱させた局を本人が解説しています。

誰にも理解できない土田ワールド

この動画の対局で

f:id:yonesuke-mahjong:20171006185639p:plain

なぜかこの手からf:id:yonesuke-mahjong:20171006185946g:plainを切って解説を混乱させます。f:id:yonesuke-mahjong:20171006190117g:plainはドラです。

f:id:yonesuke-mahjong:20171006190024p:plain

最終的にダブ南トイトイ三暗刻ドラ2の倍満をツモ。おそろしい。

土田プロのおもしろ解説 

(1:30あたり)

土田プロ「上家が動いてくれるとチートイツのテンパイがスッと入るんです」

実況「そうなんですか?」

(2:45あたり森山プロがチートイ北待ちリーチ)

土田プロ「ほらね」

(3:30あたり)

土田プロ「これはアガリですね」

実況「アガリ…?」

土田プロ「アガリですアガリ。上家が動いてくれたんで。」

(4:40あたり)

土田プロ「11巡目にアガるんじゃないですかこれ」

(11巡目森山プロが北をツモアガリ)

実況「あ、ほんとだ」

土田浩翔の名言

チートイツを作るということは、シュンツを捨てるということに他ならない。換言すると、「チートイツというシュンツを必要としない世界」において、「リャンメン信仰という古来からの固定観念がもたらす半永久的なカルマから解放された、意志のチカラを発揮する。

土田システム 麻雀が強くなるトイツ理論より

ぶっ飛んだ世界観です。

今は、オカルトがバカバカしいというのは広く知れ渡っていますし、プロ雀士でオカルトを言ってると叩かれると思いますよね。

「運」を育てる 麻雀界の異端児 土田浩翔の流儀

こんな本まで出しちゃうくらいですから。

いやなにこの画像?ピクニックに雀卓?満面の笑顔に「運を育てる」ってオカルト100%のタイトルなんて出されたら愛するしかないでしょ?

オカルトばかりではない「土田のデジタル」

mjall.jp

土田プロのすべてがオカルトではなく、基本はデジタルな考えです。彼の麻雀解説サイトでは「土田のデジタル」という初心者向けの解説があります。

意外にもチートイを狙え、トイツを大事にしろという変な解説ではなく、普通に強くなるための解説です。

まぁ「土田のオカルト」っていうのもしっかりあるんですけどね。