初心者向けに麻雀格闘倶楽部の三麻を攻略

まずは麻雀格闘倶楽部(アーケードもだいたい同じ)のサンマの特徴を知りましょう。

  • ツモ時の点数が親被りではなく均等分配
  • 北は抜けないし役牌にもならない
  • 原点が少ない
  • 積み棒は一本場600点

基本的なルールは公式サイトのこちらからどうぞ。

三麻のツモ点数が変わってる

プロ麻雀連盟の方が考えたそうですが、麻雀格闘倶楽部ではツモアガリは均等払いです。子の8000点ツモなら4000オールです。4人麻雀と同じ点数計算をして2で割るだけです。

MJなら3000・5000、天鳳なら2000・4000と普通は親と子で失点が違うものです。

戦術に大きな変更は必要ないと思いますが、オーラストップ条件を計算する時に間違えないようにしましょう。

親被りがないということは親がめちゃ有利ということですが、麻雀格闘倶楽部は親がテンパイで流局すると連チャンにならないのでバランスが取れてるのかな?いや取れてないと思う…

チーを前提にした手作りを完全に捨てる

サンマはチーができないので、カンチャンよりトイツを優先します。鳴く前提なら三麻独特の優先する形があるということです。

例えばこんな手

f:id:yonesuke-mahjong:20171006184334g:plainf:id:yonesuke-mahjong:20171006184334g:plainf:id:yonesuke-mahjong:20171006190117g:plainf:id:yonesuke-mahjong:20171013171727g:plain

鳴きを前提にした場合f:id:yonesuke-mahjong:20171006184334g:plainf:id:yonesuke-mahjong:20171013171727g:plainどっちを捨てるかという感じです。

f:id:yonesuke-mahjong:20171006184334g:plainを切ってしまうと鳴けなくなるので、f:id:yonesuke-mahjong:20171006184334g:plainは残すべきです。

こんな感じに、たま〜に三麻限定の打牌が必要になります。

三麻の副露率は四麻より低い

天鳳の段位別成績データを見てみると、四麻の副露率はだいたい35%くらいですが、三麻だと副露率が一番高い初段で約31%で高段位になれば徐々に下がっていく傾向があり、天鳳位だと25%くらいまで下がっています。

チーできないので下がるのは当然ですが、鳴きを意識しすぎて不要な鳴きをしないようにしましょう。期待値がプラスになる鳴きが必要です。

四麻は基本的に鳴くと早くなりますが、三麻では必ずしも早くなるとは限りません。遠い鳴きはむやみにやらず、イーシャンテンから鳴いたほうがいいかもしれませんね。

北はほとんど使わない

麻雀格闘倶楽部のサンマでは北は役牌にもドラにもなりません。

例えば天鳳なら北は抜いてドラにできますし、MJならドラにはなりませんが全員の役牌になります。

他のゲームとごっちゃになって間違えないようにしましょうw

麻雀格闘倶楽部での北の役割は安牌か単騎待ちですね。けどほとんど序盤で捨てられるのであまり気にする必要はないでしょう。北単騎待ちされてたというのもレアなので、極端に警戒する必要もないです。

サンマなのに原点が25000点

これもゲーセン仕様特有の回転を早くするためなんですかね。

サンマは35000点原点が多いんですが、麻雀格闘倶楽部ではたったの25000点です。すぐにトビます。

f:id:yonesuke-mahjong:20171010140647p:plain

例えばこの状況。東一局に対面から24000点アガりました。

これは対面もそうですが、下家にとってもツライ状況です。

対面が飛んでしまうのでトップを取れる可能性が極端に下がるからです。

この時あなたが親なら、下家に対しての警戒です。下家にとって、親にベタオリされてツモアガリで対面が飛んでしまうのは結局2位確定ですからね。

逆に下家の立場でまだ1位を諦めないなら、直撃を狙ってダマや鳴きで狙っていくしかありません。僕ならそうするのでダマテンをいつもより警戒しましょう。

この時安い手で飛ばしてしまうと、MGの獲得も少なくなっていいことなしです。

積み棒がデカイ

積み棒はなんと一本場600点です。仮に三本場にノミ手に放銃したら1000点+1800点とおそろしいことになります。

常にリー棒もそうですが、積み棒の数もしっかりと把握しておきましょう。いっぱい溜まってたら安い手をアガるのもいいです。

四人打ちより警戒は早めに

麻雀格闘倶楽部限定ではないですが、三麻はテンパイが早いので他家のテンパイ警戒も早めにしないといけません。

四人打ちなら10巡目の時点で勝負できる手じゃなかったらオリる前提でもいいです。3人ならもっと早めでいいです。

さらに鳴きが入ってたら6巡目くらいからでも警戒しないといけません。とにかく手が早いので、上手な人ほど鳴き=勝負手の可能性が高いです。

結局は麻雀の基礎力が重要

多少、そのゲームに合わせた打ち方が必要になってきますが、麻雀が強ければ麻雀格闘倶楽部に特化した打ち方でなくても強いですw

あとは、自分がオーブ重視なのかMG重視なのかもスタンスを決めておいたほうがいいです。

僅差でもトップを取ればオーブを1個ゲットできますが、点数を多く取ればMGの還元が多くなり、課金する金額が減らせますよね。

オーラスでトップを狙う打ち方をするか、もっと打点を取りに行くかでかなり打ち方が変わります。

打点を取りに行くというのは放銃するリスクがあがるので、2位に転落しないように気をつけましょう。

 

yonesuke.net